宅トラとエアトランクはどちらがお得?料金や手数料を比較してみた

宅トラは全国で利用できるクロネコヤマトが配送・保管を行っている高品質の宅配型トランクルームです。そのため、宅配型トランクルーム会社のなかで、もっとも安全で安心できる宅配型トランクルームといえます。また、自分で荷物を持ち込んだり、出したりする必要がないので、車や免許を持っていない方からも便利さがうけて高評価です。また、パソコンやスマホからいつでも、どこでも簡単に集荷や出庫ができるので忙しい主婦やOL、独身の方からも好評です。
そんな宅トラですが、同じ宅配型トランクルームのエアトランクと比べると料金はお得なんでしょうか。
そこで宅トラとエアトランクの料金や手数料を比較してみましたのでご覧ください。
宅トラとエアトランクはどちらがお得?料金や手数料を比較してみた

宅トラとエアトランクはどちらがお得?

宅トラには、ダンボールで保管する「ちびトラ」と、カードで保管する「ボックス」の2種類のサービスがあります。また、ちぶトラには、ダンボール3箱までの「ちびトラ3」と、5箱までの「ちびトラ5」があります。

宅トラのトランクルームは、関東にあるため関東以外のエリアから荷物を預ける場合は配送料が高くなります。たとえば、自宅から東京に荷物を送るとイメージしていただけると分かりやすいと思います。東京に近いと料金は安いですが、離れると料金が高くなってしまいます。ですので北海道・九州・四国・本州の一部の方は料金が高くなります。また、初期費用も地域によっては高くなりますので関東以外に住まわれている方はお得ではありません。

  宅トラ エアトランク
初期費用 5,832円(ちびトラ3) 無料
月額料金 1,598円(ちびトラ3) ライトプラン 1,080円(ダンボール3箱)
箱の大きさ 高さ40cm x 横60cm x 奥行40cm 1辺の長さが160cm以内、3辺の合計が240cm以内。また、1個あたりの重量が15kg以内。
配送料 ヤマト宅急便料金。箱のサイズが140cm、関東からの配送 東京23区内なら無料、それ以外のエリアは宅急便代が必要

※上記価格はすべて税込

同じダンボール3箱の料金を比較しましたが断然エアトランクの方がお得なのが分かります。特にエアトランクは東京23区内ならメリットが大きいです(^^♪

宅トラには、ミニボックス・レギュラーボックスというサイズのトランクルームがあります。ミニボックスは、120cmサイズの段ボール箱で約24個、レギュラーボックスはおなじく120cmサイズの段ボール箱で約30個分の収納が可能です。
それらの料金もエアトランクと比較してみましたのでご覧ください。

  宅トラ エアトランク
サイズ ミニボックス 0.7畳
段ボール箱換算(3辺120cm) 約24箱分 約26個分
初期費用 20,520円 無料
月額料金 5,378円 11,800円
箱の大きさ 高さ1.3m x 横1.04m x 奥行1.04m 高さ1.8m x 横1.26m x 奥行0.9m
配送料 ヤマト宅急便料金・関東からの配送 東京23区内なら無料、それ以外のエリアは宅急便代が必要

※上記価格はすべて税込

エアトランクの0.7畳サイズのトランクルームを借りるより宅トラのミニボックスを借りた方がお得であることが分かりました。ただし、宅トラは初期費用が20,520円もかかるので、これを回収するために4ヶ月以上宅トラを借りるとエアトランクより安くなります。3ヶ月までならエアトランクがお得です。

こちらがミニボックスを3ヶ月借りた場合の料金と、エアトランクを3ヶ月借りた場合の料金です。

ミニボックス 宅トラ エアトランク
初期費用 20,520円 無料
月額料金 5,378円 11,800円
3ヶ月合計 36,654円 35,400円
4ヶ月合計 42,032 47,200円

                                  

また、レギュラーボックスを借りた場合の料金もエアトランクと比較してみました。

  宅トラ エアトランク
サイズ レギュラーボックス 1.0畳
段ボール箱換算(3辺120cm) 約30箱分 約38個分
初期費用 23,760円 無料
月額料金 6,480円 14,800円
箱の大きさ 高さ1.3m x 横1.04m x 奥行1.04m 高さ1.8m x 横1.8m x 奥行0.9m
配送料 ヤマト宅急便料金・関東からの配送 東京23区内なら無料、それ以外のエリアは宅急便代が必要

※上記価格はすべて税込

こちらがレギュラーボックスを3ヶ月借りた場合の料金と、エアトランクを3ヶ月借りた場合の料金です。エアトランクを3ヶ月借りるよりは宅トラのレギュラーボックスを3ヶ月借りた方がお得になります。

レギュラーボックス 宅トラ エアトランク
初期費用 23,760円 無料
月額料金 6,480円 14,800円
3ヶ月合計 43,200円 44,400円

 

まとめ                       

段ボール個数の数が少ないときはエアトランクのライトプランがお勧めです。なぜなら、月額料金が1,080円(税込)で利用できるからです。また、初期費用も無料なので「ちびトラ3」よりお得。ただし、あずける箱数が24個以上になると宅トラのミニボックスやレギュラーボックスがエアトランクよりお得になります。ただし、4ヶ月以上利用した場合です。

 

宅トラの口コミや評判はこちら

 

宅トラの料金は安い?サマリーポケット・エアトランクと比べてみた

宅配型トランクルームは、ネットから集荷や出庫を依頼できて、車や免許も持っていなくても自宅にある衣類や家具・本・DVDをトランクに預けることができる宅配型のサービスです。
しかも、一般的なトランクルーム(コンテナ型トランクルーム)と違ってとても低料金なんです。
そんな便利でお得な宅配型トランクルームですが、どこが一番安いんでしょうか。そこでクロネコヤマトが配送保管する宅トラの料金やサービスをサマリーポケット・エアトランクと比較してみましたのでご紹介を致します。
宅トラの料金は安い?サマリーポケット・エアトランクと比べてみた

最安値は宅トラじゃなかった・・・

サマリーポケット

月額料金の最安値はサマリーポケットです。
ダンボール1箱(幅38cmx奥行38cmx高さ38cm)あたり250円(税抜)から利用をすることができるからです。
サービスには、スタンダードプラン・エコノミープラン・ブックスプランの3種類があります。
スタンダードプランとエコノミープランの違いは、オプションサービスが付帯しているのがスタンダードプランで、オプションサービスが付帯していないのがエコノミープランです。
このオプションサービスとは、ヤフオク出品やクリーニング(衣類・布団・靴)・ハンガー保管・シューズリペアです。
エコノミープランは月額250円/箱(税抜)から利用することができます。スタンダードプランが月額300円/箱(税抜)です。
また、スタンダードプランは預けた荷物の写真撮影が1箱あたり30点まで無料で付いていますが、エコノミープランには写真撮影は付いていません。
写真撮影サービスは、ネットから預けた荷物を写真で確認することができるので大変便利で出庫時の間違いが無くなります。
どちらのプランも配送料は800円(税込)からになります。
ブックスプランは月額400円/箱(税抜)で利用できて、配送料も「ゆうメール」で350円から利用することができます。

 

次に月額料金が安かったのがエアトランクです。

エアトランク
エアトランクは月額料金が1,000円/3箱(税抜)から利用することができます。1箱あたり334円(税抜)ぐらいですからサマリーポケットに比べると少し高いです(^^;
ただ、サマリーポケットに比べt若干高いですが、配送料が無料なんです。ただし、東京23区内での配送に限ります。なので東京23区内で引っ越しや住まわれている方にオススメはこのエアトランクです。配送個数の上限値(月単位)があるものの荷物の出し入れをされる方にはとっては配送料が無料というのは助かります。
サマリーポケットはダンボール箱のみの保管でしたが、エアトランクは0.2畳から10畳までのスペース管理のサービスもあります。
ご参考にエアトランクの料金と無料配送の個数の上限もご紹介致します。

 

サービス内容 価格(税込) サイズ 無料配送個数の上限
ライトプラン 1,000円 段ボール限定3個まで 6個
0.2畳 5,800円 0.7m×0.9m×0.9m 30個
0.5畳 8,800円 0.9m×0.9m×1.8m 30個
0.7畳 11,800円 1.26m×0.9m×1.8m 30個
1.0畳 14,800円 1.8m×0.9m×1.8m 30個
1.5畳 19,800円 2.7m×0.9m×1.8m 30個
2.0畳 24,800円 2.7m×1.2m×1.8m 30個
2.5畳 29,800円 2.7m×1.5m×1.8m 35個
3.0畳 34,800円 2.7m×1.8m×1.8m 35個
3.5畳 39,800円 2.7m×2.1m×1.8m 35個
4.0畳 44,800円 3.6m×1.8m×1.8m 35個
4.5畳 49,800円 2.7m×2.7m×1.8m 35個
5.0畳 54,800円 3.0m×2.7m×1.8m 35個
6.0畳 64,800円 3.6m×2.7m×1.8m 40個
7.0畳 74,800円 4.2m×2.7m×1.8m 40個
8.0畳 84,800円 3.6m×3.6m×1.8m 45個
9.0畳 94,800円 5.4m×2.7m×1.8m 45個
10畳 104,800円 6.0m×2.7m×1.8m 50個

 

宅トラは初期費用が5,400円から、また月額料金もダンボール3箱で1,480円(税抜)も必要となります。ですので、サマリーポケットやエアトランクと比べると断トツで料金が高いです。また、配送料もクロネコヤマトの宅急便料金がかかるのでお得とは言えません。配送と保管がクロネコヤマトなので安心してお任せできますがちょっと料金が高いです(^^;

宅トラ

 

 

宅トラの口コミや評判はこちら

 

 

 

宅トラの写真撮影・保管リストって口コミや評判は悪い?

宅トラは配送・保管がクロネコヤマトが行う高品質の宅配型トランクルームです。自宅から申し込むだけでクロネコヤマトが集荷に来てくれて保管してくれます。

預けた荷物は写真撮影後、お客様専用サイトから保管リストを確認することができるとっても便利なサービスなんです。

そんなとっても便利な宅トラですが実際に使っている方々はトラブルや問題はないのでしょうか。

そこで今回は、宅トラの口コミ評判について調べましたのでご紹介を致します。

宅トラの写真撮影・保管リストって口コミや評判は悪い?

口コミ・評判

宅トラの口コミや評判について調べましたのでご紹介を致します。写真撮影・保管リストについても投稿されていましたのでご覧ください(^^

写真で確認できるから出し入れが楽

預けた荷物がネットで見れるから出庫も楽です。以前は他社のトランクルームを借りていたのですが預けた荷物が分からなかったり、見に行くの面倒だったりで不便を感じていました。自分でメモるか写真を撮ればよいのでしょうが、荷物が多いと1つづつ撮ってられません。でも宅トラなら写真撮影までしてくれて保管リストまで作成してくれるからとっても便利です。

依頼も簡単

家族の季節毎の衣類が増えて困っていましたが宅トラを利用して家の中も少し落ち着きました。集荷依頼も簡単にできるし、出庫も自宅だけではなく希望の届け先にも届けてくれるからとても気に入ってます。WEBで預けている荷物を確認して出庫できるので便利ですよ。

出庫しない工夫をしてます(^^;

1年に1度しか使わない季節物や子供の思い出の品物を保管しています。コンテナタイプのトランクルームと違ってクロネコヤマトが温度・湿度まで管理している倉庫で保管されているので安心です。出庫をすると配送料がかかるので、できるだけしないように使わないものだけを預けるようにしています。

自宅以外にも配送できる

今年の春から子供が一人暮らしをはじめたので預けていた荷物を自宅ではなく子供のアパートへ届けてもらいました。自宅以外にも送れるのでとても便利です。しかも写真を見ながら出庫依頼ができるから間違いなく便利です。

現地に行く必要がないところが良い

現地にわざわざ行く必要がないところがいいですね。車を持っている人も、持っていない人も助かります。自宅まで集荷に来てくれて渡すだけですから。出庫も自宅まで届けてくれるから本当に楽です。預けた荷物はネットで確認できるし、今まで何度も出庫していますがトラブルはありません。

 

宅トラでは、荷物を集荷してから10日程度でお客様専用ページに保管リストが登録され、保管状況を写真で見ることができます。

荷物のリスト画面と詳細画面はこのようになります。

宅トラの保管リストの画面

宅トラの保管リストの画面(詳細)

また、宅トラでは出庫ごとに配送料がかかります。
ちびトラ3・ちびトラ5では、地域によって違ってきますが、 1,500円から1,900円です。ただし、沖縄県だけは3,300円となります。
これは保管先の倉庫が関東にあるためです。

再度、出庫した荷物を保管する場合も、ちびトラ3・ちびトラ5は配送料が必要となります。(関東まで140cmサイズになります)
ですので一度預けた荷物はなるべく出庫しないようにいましょう。

ボックスタイプで預けられる方は、出庫の際の配送料の中に再度荷物を保管するための配送料も含まれいます。(往復料金が適用されます。)

荷物の保管はクロネコヤマトの倉庫なので屋外にあるコンテナタイプのトランクルームより良い環境で保管されます。というのも、温度は、20度から25度、湿度は55%から65%になるように保たれている環境で保管されます。

 

東京にあるトランクルームの料金・特徴などを比較したサイトはこちら